HOYA

ホーム > 課題を解決 > 電話の声に使いたい

電話の声に使いたい

コールセンターの自動応答系とVoiceTextは非常に相性が良く、幅広い分野・サービスへ利用されています。
また、VoiceTextの高い音質を活用し、着信へ応答するのみではなく自動発信サービスへの採用も広まっています。

自動応答・情報照会

自動系の音声ガイダンスを作りたい

自動応答系や着信の一次振り分けにIVRなどを活用されているコールセンターでは、応答用の音声ガイダンスの作成にVoiceTextを利用いただく事ができます。
いままで録音が必要だったガイダンスの入れ替えも、音声合成ソフトでファイルを作りサーバーへ格納するだけです。
頻繁に更新が必要な商品情報や季節のお知らせなどはもちろん、夜間・休日の対応や夏季・冬季の休業日のお知らせなども、きめ細かな更新に簡単に対応する事ができます。

情報照会を自動化したい

システム連携によってデータベース上の情報をリアルタイムに音声化し、時々刻々と変化する情報も自動系から案内することができます。
会員番号を入力してもらい現在のポイントをお知らせするサービスや、証券会社から今この瞬間の株価情報を照会できるサービス、交通機関では運行状況や事故情報の問い合わせ対応など、高いレベルで自動化されたサービスへもVoiceTextの音質により十分に活用していただく事が出来ます。

お問い合わせフォーム

一斉同報・自動発信

連絡網や安否確認へ一斉に電話をしたい

1件1件へ順番に架電していく必要のあった用件も、システム化され一斉に確認できるように変化しています。このようなケースでも、高い音質で確実に情報を伝達できる声としてVoiceTextが使われています。

アンケートや督促、リマインドなど発信を自動的に行いたい

機械から電話をかける、そんな従来では考えにくかった分野のサービスへも音声合成を使用した自動発信の導入が広がっています。
VoiceTextを使い、きちんと用件を聞き取れるきれいな音質での架電を実現しながら、システム内で音声を生成して架電するためメッセージの収録などは一切不要になり、短期間に低コストで多数のターゲットへのご案内を実現できます。
マーケティング調査や、電話アンケート、キャンペーンのご案内などから、図書館やレンタルショップなどでは返却期限のリマインドや、公共料金・税金のお支払いの呼びかけなど、人員や時間を費やすことが難しかったきめ細かい業務にも効果的です。

お問い合わせフォーム

この課題を解決する製品紹介

法人向け

Windowsパソコン用の音声作成ソフトウェアです。

法人向け

ネットワーク型のシステム構築に適した音声合成SDKです。

この課題を解決する導入事例

電話自動応答や一斉発信への導入事例はこちらから。VoiceTextを採用した自動系により効率よくサービスレベルを向上できます。

製品に関するお問い合わせ
03-5913-2312 (法人専用)
受付時間 / 月~金:9:00~17:00