HOYA

ホーム > 課題を解決 > 放送用の音源に使いたい

放送用の音源に使いたい

専門のアナウンサーがいなくても、パソコンを使い誰でも簡単にアナウンスを作成、収録の手間が軽減されます。
自動化されたシステムでは、災害情報や設備の運転状況など緊急性の高い情報を音声化して放送する事もできます。

防災行政無線

災害情報を迅速・正確に放送する

地震その他の災害時には自動受信装置との連携により人手を介さなくても緊急放送が可能になります。音声合成で放送音声を生成する事により、震度・震源や火災の発生地といった詳細な情報を自動放送できます。

お知らせや定時放送を作成する

毎日の定時放送、季節の催し物、行政からのお知らせ、さまざまな情報を自由自在に作成する事ができます。地域によっては外国語での情報伝達が必要とされますが、ネイティブスピーカーがいなくてもきれいなアナウンスが作成できます。

お問い合わせフォーム

ケーブルテレビ、コミュニティFM

L字放送

気象情報や災害情報の伝達には、L字テロップ送出システムと、VoiceTextによる音声合成を組み合わせることにより、更に確実性を高めることができます。

文字放送

地元ならではの地域密着情報チャンネル、行政からのお知らせなど文字放送として制作されている番組にも簡単にアナウンスをつけることができ、視聴者へのアピールも一層高める事ができます。

お問い合わせフォーム

構内放送・館内放送

プラント・工場設備

工場内の作業指示、設備の運転状況、監視・制御システムなど多岐に渡ってVoiceTextが活用されています。導入の目的によっては構内放送と電話通報の組み合わせなどで使用される場合もあります。

館内放送

駅や空港といった交通機関、商業施設やビル内などでは館内のアナウンスに利用されています。このようなケースでも、高い音質で確実に情報を伝達できる声としてVoiceTextが使われています。
公共性の高い施設で課題となる外国人客への情報伝達にも、日本語をはじめ英語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語の各言語をラインナップしたVoiceTextにより柔軟な対応を実現できます。

お問い合わせフォーム

この課題を解決する製品紹介

法人向け

Windowsパソコン用の音声作成ソフトウェアです。

法人向け

アプリケーション開発に適したスタンドアロン型の音声合成SDKです。

この課題を解決する導入事例

自治体の防災行政無線、ケーブルテレビ局、工場やビルの構内放送への導入事例はこちらから。誰でも簡単にアナウンスを作成できます。

製品に関するお問い合わせ
03-5913-2312 (法人専用)
受付時間 / 月~金:9:00~17:00